ビーバーリンク

コミュニティーの場、ビーバーリンクとは

森に棲むビーバーは、小枝など自然にあるものを活用し、新しくダムを作ります。川はきれいになり、魚は増え、小動物の食事や憩いの場にもなります。
人々が集い、力を合わせて、資源が循環し安心して暮らせるまちになるような活動が、さらに繋がり広がることを願い「ビーバーリンク」と名付けました。子どももおとなも誰もが気軽に集える場「ビーバーリンク」です。
地域のなかで、親や子ども・若者・おとな・高齢者、そして社会が抱える課題に向き合い、想いと力を結集します。

  1. 武蔵新城

ビーバーリンク@武蔵新城

メサ・グランデは、かわさきの地元野菜を販売する八百屋&コミュニティカフェ。食と農を通じての地域コミュニティづくり、誰もが暮しやすい地域社会づくりを目指します。 店先には、農家さんから直送された野菜がならび、カフェでは、からだに優しい素材の味を活かしたメニューが楽しめます。障がいのある方の居場所「地域活動支援センター」としても活動中。

アクセス

神奈川県川崎市中原区新城5-2-13 プリマSK武蔵新城1階
JR南武線武蔵新城駅 徒歩4分
GoogleMap

取り組み

~ひとりで子育てをがんばるママ応援!~ がんばるママおしゃべり交流

日程:祝日、土、日のうち月1回開催  11:00~15:00
ひとりで子育てしながら、家事、育児、仕事にがんばっているママを応援。おしゃべりや、いやし体験、占い、ときには家計や育児相談など、リラックスできる場をご用意しています。お子さんと一緒に過ごせるよう遊び場もあります。ひとりでも、お子さんと一緒でもご参加ください。※食品応援は事前予約が必要です。
主催:くらしも子育ても自分も!ワクワクキラキラしたいママ応援隊(特定非営利活動法人セカンドリーグ神奈川)

~だれでも きがるに いっしょにごはん!~ めさみーる+(プラス)

日程:第3木曜日 17:30~19:00
企業・団体で眠っている食材を提供していただき、ボランティアの方が作ったカレーライスなどをみんなで食べる地域食堂として営業しています。保育園帰りの親子、小学生、中高生、ひとり暮らしの社会人、どなたでも利用できます。
主催:メサ・グランデ(特定非営利活動法人ぐらすかわさき)

子どもたち、おとなたちの集まる場所  寺子屋(まなぶ)×ミール(たべる)   てらこみーる

日程:毎月1回日曜日開催 寺子屋タイム10:30~11:45 ごはんタイム12:00~13:00
テーマを決めてディスカッションしたり、勉強したり、野菜ソムリエが考案するメニューの手作りごはんをいっしょにテーブルを囲んだりと、子どももおとなもみんなでワイワイする憩いの場です。
主催:てらこみーる実行委員会

さまざまな世代がごはんやお茶をともにして過ごす場所

日程:毎月1回土曜日開催 13:00~16:00
「ここにわ」は、若者の母親世代にあたる女性数人と若者世代の男性1人によるグループ。川崎市と協働で講座を開催しながら、若者同士、若者とそれ以外の世代が、気軽に話し合える場を提供しています。
主催:ここにわ

最新情報

最新情報はこちらから

主催・共催・協力

ご賛同・ご協力をお願いします!

※各ビーバーリンクにより、協力・寄付など支援が異なりますので、詳細は特定非営利活動法人セカンドリーグ神奈川にお問い合わせください。

各種ボランティア

*勉強や知識…大学生や社会人など幅広い方々のボランティアをお待ちしています。
*お料理…食事作りやフロアの仕事など、家事や育児の合間のほんの少しの時間でもOK。
*家計・暮らしのアドバイス…就職活動事情や求人情報の探し方、子育てにかかわる教育費などアドバイスいただける方。
*おたのしみ企画の講師…子育て中のお母さん、お父さんに向けて、占いやハンドケアなど癒し体験の提供。

食品の提供

家庭で眠っている食品や、企業から出る食品をご提供いただき、ビーバーリンクの各活動で使用します。いっしょに食べることもひとつのテーマです。食品をビーバーリンクでシェアすることで、有効活用し無駄なく使い切ることができます。

寄付

*食材搬入や配送費…食材の搬入や提供いただく配送費に使用します。
*広報・運営費…チラシ制作費、企画開発、運営費に使用します。

PAGE TOP